ホーム > 仏壇 位牌 > お仏壇Q&A

お仏壇Q&A

ここでは、お仏壇に関して、皆様から寄せられるよくあるご質問とお答えを紹介したいと思います。こちらにないご質問はお問い合わせ下さい。


Q. 新宅で独立してから、まだ亡くなった人がいないのに、お仏壇を買ってもいいのですか?

A. 買ってもよろしいです。
お仏壇というものは、ご先祖様をおまつりするよりも、まず第一に、その宗派のご本尊をおまつりするための物です。
ですから、仏教を信仰する者は新宅であれ、本家であれ、お仏壇を設けて自分の宗派のご本尊をおまつりしなければなりません。
我々は、亡くなれば仏となって極楽浄土におられる如来様のお膝元へ行きます。お仏壇は、その極楽浄土をかたちどったものですから、亡くなった人はその家のお仏壇でおまつりするわけです


Q. 古いお仏壇が家にありますが、お仏壇やお仏具は、なにも(法事などが)無い時に買い替えたり修理したりすると不幸事が起こると聞きましたが本当ですか?また、うるう年にお仏壇を買ってはいけないと聞きましたが、これも本当ですか?

A. それは全くの迷信です。そのような記述は仏教の経典には一切ありません。
きっかけが無いからそう言われるのでしょう。お仏壇を買われる機会はいろいろありまして、年忌・お盆・春秋のお彼岸・お正月・家を新築された時・等。もちろん、ご不幸が起こったけれどもお仏壇が無い場合もそうです。
仏様も、我々生きている者と同様に、きれいなお家ですごしたいと思っておられるでしょう。
我々も割れた茶碗でご飯が食べられないのと同じで、汚れたお仏壇・こわれたお仏具で仏様の供養は出来ません。お仏壇・お仏具の購入・修理は思い立った時が最適といえましょう。


Q. 家に仏間が無い場合は、お仏壇はどこへ置けばよろしいですか? また、お仏壇の向きはどちら向きが良いのですか?

A. 仏間が無い場合は、床の間や畳・床の上などに置いてもかまいません。
方向ですが、一般的にはお仏壇が東を向くか南を向くのがよいと言われていますが、これも、おまつりしやすい場所であればどちら向きでもかまいません。
大事な事は、仏様に対して失礼な場所(例えば、便所の横や、玄関先など)は避けて、おまつりがしやすくて、安らかで穏やかな場所を選ぶ事です。


Q. 不幸事があってお仏壇を買ったのに、最初の入仏のお勤めの時になぜ赤いローソクを炊くのですか?

A. 先にも言いましたように、お仏壇はそのお宅の宗派のご本尊のお家です。
お仏壇を買われたことは、ご本尊のお家が新築出来たという意味でお祝いになりますので、赤いローソクを炊くわけです。


Q. 仏様にご飯はいつ供えればよろしいですか?

A. 毎日、朝とか夜というような決まりはありません。ご飯を炊いたら、まず我々がいただく前に、仏様にお供えします。そして、お仏飯の湯気が上がったらすぐに下げて炊飯器に戻して、次にご飯を食べるときにいただきます。
他のお供え物についても同様で、例えば、お菓子や果物を他の人からいただいた時などは、我々が食べる前にまず仏様にお供えします。
なお、仏様には動物性の物(肉類や魚など)はお供えしてはいけません。

株式会社 辻井本店
〒634-0082
奈良県橿原市曲川町6-17-15